連休中?そんなの関係ねぇ!米国市場😁

米国株

【5/1米国市場速報】

こんにちは。たけプラです。GWに突入しましたね。日本の株式市場は5連休で取引なしですが、米国市場はゴールデンウイークはありません。日本の個人投資家の皆さん、頑張って取引しましょう!

さて、昨夜のニューヨーク株式市場は新興国での新型コロナウイルスの感染拡大や半導体不足などで世界経済の回復が遅れるとの警戒感から、売りが優勢でした。米国ではワクチン接種による経済回復期待がありますが、インドやブラジルなど一部新興国でコロナが記録的に増えていて、バイデン米政権は5月4日からインドから米国への入国を制限すると発表しました。これらネガティブなニュースを背景にS&P500の主要11セクターのうち7セクターが下落しました。

個別銘柄では、コロナ治療薬を開発する製薬大手アッヴィが好決算を反映し0.5%高。一方、石油大手シェブロンは第1・四半期決算が原油高の恩恵が精製マージンの低下などで相殺され、29%の減益となって3.6%安。アマゾンが0.1%安、アップ ルが1.5%安、ツイッターが15%下落して取引は終了しました。

4月は最終日は下落したものの、月間ではナスダック総合が5.4%、ダウ工業株30種が2.7%、S&P総合500種が5.2%とそれぞれ上昇。ナスダックは6カ月連続、ダウとS&Pは3カ月連続での上昇と米国市場は好調に推移して取引を終えました。

さて、来週から5月の取引が始まります。相場格言に「セルインメイ (Sell in May,and go away; don’t come back until St Leger day.)」があります。これは、“5月に株を売って9月の半ばまでは市場から離れた方がいい”という米国市場で生まれた言葉ですが、今年のような新型コロナの環境下でもこの相場になるのでしょうか? 注意して相場を楽しみましょう!

          終値 前日比 %
ダウ工業株30種  33874.85 -185.51 -0.54
ナスダック総合   13962.68 -119.87 -0.85
S&P総合500 4181.17 -30.30 -0.72

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました