米国GDP6.4%増加!主要株価3指数反発!

米国株

【4/30米国株式市場速報

29日発表された第1・四半期の米実質国内総生産(GDP)速報値は、財政出動が成長を後押ししたかたちとなり、年率換算で前期比6.4%増加。2003年第3・四半期以降で2番目の高成長となりました。また、新規失業保険週間申請件数が発表され55万3000件と、前週の56万6000件から改善がみられます。

このような指標を反映するように、昨夜のニューヨーク株式市場は主要株価3指数が反発。S&P総合500種は終値ベースの最高値を更新しました。

個別銘柄では、フェイスブックは28日発表した第1・四半期決算が売上高や利益が市場予想を上回っり、企業の広告支出拡大が追い風となって7.3%高と5カ月ぶりの大幅な上昇率を記録し、最高値を
更新。S&Pとナスダックを押し上げました。

アップルは28日発表した第2・四半期決算が、iPhoneやMacの販売好調を背景に 売上高と利益がそろって市場予想を上回ったものの、株価はさえず0.07%安でした。

なお、引け後、アマゾン・ドット・コムは第1・四半期決算を発表。新型コロナウイルス禍でオンライン販売が引き続き好調となり、4四半期連続の過去最高益。売上高も市場予想を上回り4%上昇しました。一方、同じく引け後に決算を発表したツイッターはコスト上昇や成長鈍化について警告したことが嫌気され時間外取引で9%下落しました。

〈参考指標〉    終値 前日比 %
ダウ工業株30種 34060.36 +239.98 +0.71

ナスダック総合 14082.55 +31.52 +0.22

S&P総合500種 4211.47 +28.29 +0.68

※S&P500種は年初来では12%上昇、ナスダックは9%上昇。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました