4/20 米国株・コロナ感染拡大に全面安!

米国株

【米国株2021年4/20・注目トピックス】

19日の米国株式市場は、第1・四半期の企業決算が注目を集める中、反落して

終了しました。

新型コロナの世界的拡大で全面安の展開でした。WHOの発表したパンデミック後

週単位での最速の感染拡大がマーケットに影響しています。

個別銘柄では、電気自動車(EV)大手テスラ< TSLA.O>は3.4%下落し、

S&Pとナスダックの重しとなりました。

これは17日にテキサス州で起きた衝突死亡事故を受け売られた結果です。

この事故について自動運転の安全性に関しての問題が指摘されています。

また、テスラが投資している暗号資産(仮想通貨)ビットコイン<BTC=BTSP>が

前週末に急落したことも同社株を下押しした要因とのこと。

他にマイクロソフト< MSFT.O>、アマゾン・ドット・コム< AMZN.O>、
エヌビディア< NVDA.O>なども軟調でした。

〈参考指数〉

          終値      前日比     %     
 ダウ工業株30種   34077.63  -123.04  -0.36 
 ナスダック総合     13914.77  -137.58  -0.98                       
 S&P総合500    4163.26   -22.21  -0.53 
 <.SOX> 半導体      3171.00   -82.08  -2.52                           

上記から、今日の東証市場は、自動運転、仮想通貨、半導体関連銘柄が売られる展開が

予想されます。(あくまで個人的見解ですが)

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました